フォト
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ペンション野路菊の新しいホームページ

ペンション野路菊♪Itsukoママからのメッセージ

田んぼ作りを楽しむ仲間達の会です♪

じなしの山歩記と国東半島ミュージアム

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

姫島トライアスロン大会

昨日までの天気が嘘のよに晴れた今日、トライアスロン大会が行われました。昨夜の泊まりのお客様はトライアスロンに参加する方が多く、みなさん楽しそうに交流してました。お客様のなかには20年近くペンションを訪れて下さる、ご夫妻がおられます。子供さんも会うたびに成長されて、、、一年に一度の再会を楽しみにしてます!空くんがトライアスロンに出場するのも近いかもねnotes

024 downwardleftペンションの前を通過する選手のみなさんです!がんばれ~motorsportsと応援しました!みなさん手をあげて答えてくれましたねぇ~、ありがとう。

今日のペンションの花壇のようすです!コスモスもちらほら。。。

029 008

014_2

明日から9月ですね!子供達も二学期!!夏休みが終わって嬉しいのは私だけのようです!!宿題が残っているようだけど・・・どうなることやら、、、!!

家族旅行♪

26日から一泊で家族旅行に行ってきました。のんびりと温泉につかり美味しい食事にお酒をいただき、ほろ酔いでいい気分・・・のとこに「湯上りマッサージ」付きで贅沢をさせてもらいましたshine。翌日はお買物!欲しかった急須と器を見つけることができてgood

008 downwardleftいいでしょ~!!使い心地も抜群!!

010 白の器なのでグリーンや赤い色の食材がいっそう鮮やかになります。

二日間の外出の間に庭のバラが咲いてました!白のバラ・・・好きなんです♪こんなに咲いたのは初めてだねぇ~。

003 eye きれいでしょう~shine花はいいですね。明日から忙しくなります。頑張りま~すよっdash

姫島で炬火リレー

大分国体の成功を祈る炬火リレーが姫島で行われました。

ペンションの前で005 姫島消防団から姫島青年団へと渡されました。

018 downwardlefteye 炬火を持ってるのは息子です。古庄家の前を走ってますsweat01sweat01sweat01秋の気配を感じる青空の下で炬火リレーに参加出来て良かったねnote大分国体も見に行こうねぇ~!

涼しくなりましたね♪

こんな小さな秋を見つけましたよnote

020 downwardleft我が家の前の道沿いにガラミ(山ブドウ)を見つけました!私達の子供のころは、山に入って良く食べてました。今度ケーキを焼いた時、仕上げに飾ってみよぅ~っと!!004

花壇のコスモスも咲き始めました。今日は夕方から雨になってます。。。もう涼しくなるばかりかなぁ~?秋の虫たちの鳴き声もするようになりました。今年はペンションのお客様も多くて忙しい夏でしたが、たくさんの出会いがありましたshine。感謝の思いでいっぱいです。ありがとう。。。shine

我が家のガーデニング

ここ一週間ほど忙しくして、庭の花に気もかけず。。。

昨日は仕事も休みだったのでゆっくりとお花とお話しタイムshineできました。

058 まつばボタンの花がかわいいでしょう~。ひまわりもまだ咲いてます。コスモスもどんどん大きくなってます。秋が楽しみだけど・・・台風が来なければいいなぁ~。台風が来たら花は全滅しちゃうのです。

059

昨日は子供たちと明石の海岸に花火をしに行きました。誰もいない浜辺は静かでした。波の音がいいなぁ~。。。やっぱり姫島はいいgood

027

034

036

花火は早くに買ってたのですが。。。なかなかする時がなくて、風もなく波も穏やかで夏の終わりの浜辺もいいものです。。。

ありがとう

ペンションをオープンした頃からの、お客様からこんな素敵なプレゼントが届きました。

002 downwardleftとっても嬉しかったです!屋根の上の空の様子が・・たまらなくいい感じですね!ペンションの近くの山間に、10月の中旬頃からフジバカマの花が咲き始めます。その花にアサギマダラがやってきますnoteこの絵のようにペンションの庭にも飛んで来るんですよ!今から楽しみです。メッセージも添えられてました。

「ペンション野路菊」20周年 そして奥様の○歳、お誕生日おめでとうございます。バースディーに間に合わせたかったのですが、少し遅くなりました。家族一人一人が”アサギマダラ”の様に、雨に打たれ風に流され、そして花の甘い蜜で元気を取り戻しロマンの旅をしつづける。そして戻って来るのはやはり我が家・・・そんな思いを込めて描きました。

戻ってきたら、ゆっくりと心休めることが出来るように家を守るのが私達、、、元気母さんの役目ですね 。本田家のみなさん、こんな素敵な贈り物をありがとう!!さっそくペンションのホールの壁に掛けさせてもらいますねheart02

月は、やはずに・・・

踊りは浜にwave愛し娘は輪のなかに。。。「姫島小唄」の歌詞にあります♪今夜は月夜でshinefullmoonshine浜風も吹き、とっても気持のよい晩でした。幼いころ母に手をひかれて盆踊りの練習に通ったなぁ~。。。今夜は「きつね踊り」の写真を撮りましたよ!!

045  上手に撮れなかったぁ~。難しいです!!

039

eye かわいい~note お人形さんみたいでした。お盆も終わってしまいました。島は静かになり夏の終わりを迎えますshine

今日から盆♪

わ~大変!!盆踊りが始まろうとしたら、、、typhoonthundertyphoon・・・rain

日中はいい天気だったのに!!

004 午後の3時頃、化粧をしている子供達の様子ですnoteさぁ~どんな姿に変身するのかな?

010 ?たぬき?かわいい~。みごとな変身です!!雨が降っても、みんな頑張って踊ってくれました!!ありがとう!

036 downwardleft私達の地区「ごんべ!」を踊る子供達です!こっちを向いてる、かわゆい男の子は私の彼です!!カメラ目線でheart04見つめてる~。。かわゆい~♪

028  downwardlefteyeeyeeyeだれ~???

わ~お~!!私のbottle仲間!!SAN・SAN会、同級生ですgood化粧をとったらミス姫島なんですようぉ~~~~~・・・???smileこうやって仮装して誰だか分らな姿に変身して(本人は変身してるつもりでも、、、島の人は誰だか分かってるので~す!!)おもいっきり踊って盆つぼを賑やかにしてして次の盆会場へと去って行きます。

033 踊りも上手だったよ!!美保ちゃん!!加代ちゃん!!最高の二人でしたhappy02!明日はきつね踊りを紹介したいですねnote

空が雲が。。。

昨日から、とってもきれいですsuncloud。三日前のtyphoonthunder雨のせい?空気が澄んでるのか山口県の山々が見えます。

007 downwardleft山口の光市あたりの山々です。雲がプカプカ浮かんでるって感じでした。

002 姫島ってきれいでしょう~shine

003 空と海が最高ですね!!

ひめこそ伝説…おわり♪

shineshineそれから姫は、それはそれは島の人々のために小麦や芋や豆などの作り方、そして布の織り方などを教えて島の人々のくらしを豊にするために尽くしたそうな。島の人々は姫の教えにしたがって一生懸命に働き島のくらしは、だんだん豊かになっていった。「姫が来てから、島んくらしは、ようなったのう。」「島にゃ、小麦や芋や豆がみのり、女子(おなご)たちは布を織り、うつくしい着物を縫うことがでくるようになったほでのう。」「姫のおかげじゃ。」ところで姫の美しさは年をとってもかわらず、いつまでも娘のように若々しく輝くばかりじゃった。姫の住まわれた屋敷には、姫が手をたたくとたちまち鉱泉がわいたそうな。姫はその鉱泉で風呂をわかし、朝夕にかかさず入浴したそうじゃ。姫が、いつまでも若くて美しかったのは、この鉱泉によるものだと、今もいい伝えられているほどだ。島の金地区には今も鉱泉が、こんこんと湧きでており「拍子水」とよばれ、島の名所となっている。

004 downwardlefteye 今も湧きでている鉱泉です。いつまでも娘のように?若々しくいられるの?goodそりゃ~飲まなっくっちゃdashペンションから徒歩5分のとこにある拍子水shineです。みなさん!!比売語曽神社にお参りして鉱泉を飲みましょう!!heart04

新羅の国から逃げて来た姫は、こうして姫島のお姫様になったのじゃった。姫の死後、島の人々は、その姫の美しさと遺徳をしのんで名もない小さな島を「姫島」となづけ島の守り神として祭ることにしたのじゃ。その神社は比売語曽神社といって、今もなを島の人々の信仰のあつい神社としてとして毎年春には賑やかな、お祭りが行われているのじゃ。姫にまつわる伝説は拍子水をはじめとして、逆さ柳やお歯黒石などとともに「姫島七不思議」の中にとり入れられて今もなを島の人々に語りつがれている。。。shineshinenightshineshineおわりshine

008_2 downwardleft今年4月2日よどの晩、比売語曽神社の春の祭りの様子です。

お祭りの日には017 毎年、山桜がきれいに咲いてます。それにしても、姫は元気の良い姫だったのですねぇ~。新羅の王子の求婚を断って逃げてきたんですものねぇ~。。島の女達は元気がいい!!なぜなら、、、私達は姫の末裔(子孫)だから?・・・ですか?・・・happy01

ひめこそ伝説・・・5

shine姫は、とるものもとりあえず小舟に乗って海へこぎだした。姫を乗せた小舟は何日も何日も日本海の荒波にもまれ流されたすえに遠い遠い小さな島に流れついたのじゃった。島の人々は砂浜に流れ着いた小舟でぐったりしている姫を見つてけおどろいた。「こりぁおおごっちゃ。まだ息をしちょる。はよう、うちにつれていかんなぁ。」村ん人々は弱りはてていた姫を近くの漁師の家にはこんで、火をたいて体をぬくめたり、あたたかいお湯や力のつく薬を飲ませたりして、心をこめて介抱をしたのじゃった。そのかいあって、姫はようやく気をとりもどし、やがてすっかり元気になったのじゃ。「もう大丈夫だ。顔色もようなった。ほんとうに良かったのう。」「ありがとうございます。なんとお礼をいっていいのか。村の人々のおかげでこんなに元気になりました。」「そりで、こりからどうすんつもりかえ。どこか行く先でもあんのかえ。」「いいえ、私はこの島でやさしい皆さんと一緒に暮らしたいと思います。」姫は島の人々のあたたかい心に、すっかり心をうたれ、この島で一生くらそうと決心したのじゃった。shineshinenightshineshineまた明日。。。

ひめこそ伝説・・・4

shine姫は・・・「きさきとして、お城にまいることは嫌でございます。王子様のきさきには、なりたくありません。」姫は使いの者のいうことも聞かず、どこかえへかくれてしまった。使いの者達は、しかたなく帰ることした。「王子様、ただいま帰りました。」「おお、ごくろうであった。ところで娘はどこじゃ。」「いえ、それが・・・・・・娘は王子様のきさきにはなりたくないと・・・」それを聞いた王子は大変な怒りようで、部屋中にひびきわたるほどの大声でどなりたてた。「なにを、なまいきな女め!!」王子は心のそこから腹をたてた。「娘がなんと思うと、かまわぬ。きさきにするといったら必ずきさきにしてみせる。」王子は、この国では自分のいうことを聞かぬ者はひとりもいないと日頃から思っていた。王子は娘をあきらめず力ずくでも城につれてきて、きさきにしようとした。この話しを聞いた姫は「わたしは、どんなに命令されようとも決して王子様のきさきになどなりたくありません。」「あのわがままな方のきさきになるくらいなら、どこか遠い国へのがれてしまいたい。」とうとう姫は、ある夜だれもしられぬうちに、こっそり新羅から逃げ出すことを決心した。。。shineshinenightshineshineまた明日。。。

ひめこそ伝説・・・3

shineさっそく王子は、「その姫こそ私のきさきにふさわしい娘だ。ぜひとも、きさきとして迎えなければならぬ。さあ、一刻も早く娘のもとに使いの者をつかわし、娘をつれてくるのじゃ。」「ははあ、かしこまりました。」使いの者たちは、金銀の飾りをつけたきさきの乗るかごをかつぎ、行列をつくって娘を迎えに行ったのじゃった。王子は、なんとしてでも娘をきさきにしたい、新羅王子様のきさきにとして迎えるのだから大喜びでとんでくるにちがいないと、はじめから決めてかかっていたのじゃった。使いの者達は、娘の家につくやいなや、「娘はいるか。都怒我阿羅斯等王子の使いでまいった。」「王子様が、あなたをきさきとして迎えたいとのことです。さあ、迎えのかごにのって、お城に来て下さい。」と言って娘を連れて行こうとするのじゃった。ところが娘のことばは、使いの者達にとって思いもかけぬものじゃった。。。。shineshinenightshineshineまた明日。。。

196 downwardleft姫島小学校の平和授業のようすですclover。今日は「広島原爆の日」ですね。午前中は小学校で平和授業参観をしてきました。私も父兄代表で「おりづるの旅~さだこの祈りをのせて~」の朗読をしてきたのですが、子供達の発表を見て改めて核兵器のない平和な世界になることを祈るばかりですshine

ひめこそ伝説・・・2

姫の姿は見えなかったが、ときどき家の中から姫の歌う声が聞こえることがあた。shineその歌声は、まるで金や銀の鈴でもふるようで聞く者をうっとりさせるこころよい声じゃったという。そして歌声とともに、その家からは麝香(じゃこう)のようなかぐわしい香りが風にのって流れてくる。「あれは姫が歌う時の息のにおいにちがいない。」村の人々は、そう噂しあったという。姫が楽(がく)を奏でると姫の家には、かわいい小鳥たちが集まってきて楽の音に合わせて賑やかにさえずりはじめるそうな。姫のさまざまな噂は、口から口へと伝えられ広がっていったそうな。そしてとうとうその噂さが新羅の王子、都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)の耳に入ったのじゃった。。。shineshinenightshineshineまた明日。。。

まつばボタンの花が咲き始めましたheart04

006_4

上の写真は7月28日に写したものです。下の写真は今朝、写しました。一週間でこんなに大きくなりました!夏が大好きなんだね!まつばボタンは暑いほど元気に花を咲かせてくれます。

008_2

ひめこそ伝説

白い石から生まれた、お姫様のお話しをしますねshine

昔むかし、そう、今から二千年ほども前のことでした。そのころは、朝鮮半島に新羅(しらぎ)という国がありました。その新羅の国に、たいそう美しい姫がいたそうです。姫が庭に立つと辺りがぼうっと明るくなって照り輝くばかりの美しさだったという。「おいおい聞いたかい。素晴らしく美しい姫が、この国にいるそうじゃな。」「なんと、その姫は白い石から生まれたらしい、本当じゃろうかなあ。」「いったい、どんなかただろう、一度会って見てみたいものじゃのう。」やがて姫の美しさは国じゅうの評判になっていった。人々は姫の姿を一目でも見たいものだと、姫の家のまわりを用事もないのに、うろうろとうろつき歩きまわったそうな。おかしなものでな。姫の美しいという、うわさだけがひろまり、誰もその姿を見たことがないという。そうなると、かえって人々の心の中で、姫の美しさはますます輝くばかりであった。。。この続きは明日また。。。shineshinenightshineshine

金魚さん

あじ海苔の金魚鉢からpisces水槽に引っ越しました。

082 暑い夏も涼しく感じさせてくれますnote

8月です♪

暑いですsun今朝のことです。「いっちゃん~、、おはよう~」って玄関から声がする。。「は~い」って玄関へと・・タズエばあちゃんでした。まくわ瓜をたくさん抱えて「今年はいっぱい出来たんでぇ~食べんかぁ~」って

050_2 downwardlefteyeおいしそうでしょう~!?大きなまくわ瓜だこと!!ペンションの前にタズエばあちゃんとこの畑があるのです。季節の野菜をいつも玄関先に置いてくれます。姫島っていいでしょう~。shine

054 さっそく朝食のデザートにいただきましたnoteうぅ~、、マユ~でしたよん~。さっぱりした甘さが最高でした!!今日から8月です。姫島はこれからが夏真っ盛りsunmistmistyachtmistwavemistです。我が家の朝顔も咲きました!

055 第一号は私の好きなブルーでした。明日は何色の花を咲かせてくれるのか楽しみ!!さぁ~今日も頑張りま~すdash

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »